成功している起業家(社長)が意外にコミュ障である件

本質・マインド(思考)

こんにちは、ジュンノスケです。

・成功している起業家
・経営が順調な社長
・稼いでいる経営者
なんて言うと

コミニュケーション能力が高く
イケイケで快活なイメージを
持つ人も多いですが
現実はそうでもありません

もちろん、
そういうイメージ通りの
人物もいますが

意外にコミュ障で
「根暗」「陰キャ」「引きこもり」
というような表現に当てはまるような
人物も多いです。

私がこれまでに出会ってきた
起業家・社長・経営者の中にも
少なからずそういう方がありました。

「人は見かけによらぬもの」
なんて言いますが、本当にそう。

ちゃんと話をしてみないと
わからないものです。

では、そういうコミュ障の人が
どんなビジネス(事業)で
成功しているのかと言うと
インターネットを活用したビジネス

言い換えると、
リアルでやり取りしない
ビジネスです。

もちろん、
扱う商品やサービスの内容は様々。

例えば、
アパレル系の商品を
オンラインで販売していたり

動画や画像を制作して
オンラインで販売していたり

自分の経験や知識を
コンテンツにして
オンラインで販売していたり。
(コンテンツビジネス)

いずれにしても
いわゆる「営業・接客・販売」を
リアル(対面)で行わないので
「根暗」「陰キャ」「引きこもり」
のようなタイプでもできるのです。

対人関係が苦手で会話が不得意な人や
人前で緊張して上手く話せない人などでも
問題なく商品やサービスを売れるので
この方法なら何の問題もありません。

ちなみに、
こんな記事を書いている私は
10年間、法人営業をしていた人間ですが
引きこもるのは大好きだし
人見知りでもあります。笑

一般的には
「コミュ障」の対語として

・コミュ力おばけ
 =コミュニケーション能力が
  尋常ではなく高い人

・社交的
 =対人関係において積極的な人

という言葉があって
こういうタイプの人に
注目が集まったり
評価が集まったりしますが

会社(組織)で働くならともかく
自分でビジネスをする場合は
気にする必要がありません

以前、友人の紹介で出会った
ある社長(30代男性)は
コミュニケーションが苦手(嫌い)で
できれば人と関わりたくない
という人でした。

でも自身の経営する会社は
年商10億円。

十分な売上(利益)を
出していました。

そこの企業は
従業員も10人以上雇っていて
いわゆる中小企業ですが

社長の苦手(嫌い)な部分は
すべて社員が担い
補っていたという形。

自分で稼いでいく場合
「全てを自分でやる必要がない」
という考え方も非常に重要です。

ちなみに、これは従業員を
雇っている場合だけではなく
個人でビジネスする場合も同じ。

例えば、最近は
クラウドワークスなどの
クラウドソーシングサイトが
人気ですが

このようなサイト(サービス)を
活用することによって
従業員を雇っていなくても
仕事を他人に任せることが可能です。

例えば、私の過去の例だと

・SNSの運用
・データ収集(まとめ)
・イラストやロゴ制作
・画像や動画の保存

・書類の仕分け
・サイト制作
・システム開発
・商品管理
など

多くの仕事(作業)を
いろんな方にお任せしてきました。

もしあなたが「コミュ障」で
人と直接関わる部分をやりたくない
ということであれば
その部分を誰かに任せるのもあり

ちなみに、私の知人には
営業代行サービスを活用して
セールスの部分を
他人に依頼していた人もいます。

今はインターネットがあるので
いろんな人と繋がれるのが強み。

商品やサービスを売る場合はもちろん
仕事(作業)を依頼する場合も
リアルの世界だけでは難しいことが
簡単にできてしまいます。

もし、あなたが
人とのコミュニケーションが
苦手(嫌い)だったとすれば
インターネットを活用した
ビジネスがおすすめです。

そして、
この場合に必要になってくるのが
マーケティングのスキル。

Webマーケター」
というレベルまでいかなくても
ある程度
マーケティング力さえ身につければ
自分で稼ぐことができます

ちなみに、最近人気の
「ぼっち起業(ひとりぼっちで起業)」
で成功している人は
みんなこの力を身につけています。

言い換えると、
「人脈不要」だということ。

一般的に
・脱サラする
・起業(独立)する
・自分で事業をおこなう
なんて言うと

「人脈がものをいう」
と考える人も多く、一般的には
一つの常識にだったりもしますが
必要ありません。

むしろ、
人とのつながりが多くなって
人付き合いが増えてくると
それだけ時間も奪われるし

しがらみも多くなってきて
逆にマイナスになることさえ
少なくありません。

実際に、
脱サラ(独立・起業)で
成功している人の現実(実像)は
世間一般のイメージとは真逆。

例えば、
異業種交流会などに参加して
多くの人と出会って
人脈を拡大させている人よりも

自宅(事務所)にこもって
コツコツ作業をしている人のほうが
売上(利益)を上げていたりします。
(稼いでいます)

そう考えると、
コミュ障であるほうが
余計なこと(人との不毛な関わり)に
時間を使わなくて済むケースも多く
プラスに働くことさえあるのです。

そのほうが
ビジネス(事業)に集中できて
結果的に成功できていることも
珍しくありません。

なので、
もしこの記事を読んでいる
あなたが自分のことを
「コミュ障」だと思っていても
まったく問題なし。

それも一つの個性だと思って
その状況が有利に働く環境(条件)で
ビジネスをしていけば良いだけです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は今、毎月自動で売上を上げ続けています。

自動収入(不労所得)なんていうと
胡散臭いですが

きちんとビジネスの仕組みを作って
売上を上げているので
怪しくもなければ、再現性も高いです。

私は10年間もサラリーマンをして
脱サラ後も労働集約型(時間の切り売り)の
ビジネスばかりしてきましたが

やり方を変えただけで収入の質が変わり
自由な時間も激増。

ちなみに、私と同じことは
どんな人でもできます。

正しい知識(ノウハウ)を学んで
取り組むだけだからです。

私の自動収入の知識(ノウハウ)は
すべて以下で公開しています↓↓↓

※有料情報や非売品の無料公開もアリ!

【記事のご感想やご質問はこちらから】

ブログ記事のご感想やご質問は
以下にて受け付けています。
➡︎メッセージを送る

お気軽にメッセージください。

本質・マインド(思考)
ジュンノスケをフォローする
自動収入300万円/10年間サラリーマンした凡人中年の脱サラ物語

コメント

タイトルとURLをコピーしました