【ブログで公開】稼いでいる人が全員やっていること(共通点・特徴)

本質・マインド(思考)

こんにちは、ジュンノスケです。

今回は、稼いでいる人が
全員やっていることを書きます。

まず、
今日ある方からいただいた
以下のご感想に
目を通してみてください。

※ここから
ーーーーーーーーーーーーーーーー

初めまして。
沖縄から●●と申します。

Facebookでの
集客について調べていたら
ジュンノスケさんに
たどり着きました。

Facebookでの集客は
やり方さえ正しければ可能だ
というお話にホッとしました。

書籍を読みました。
正しいやり方で仕組みを作ります。

私は公務員歴27年になります。

いろんな業務しましたが
若い頃は生活保護や
納税の現場で人を助けて
働く充実感に燃えてました。

20年を超えた頃から
内勤の事務仕事が主になり
チャレンジも出来なくなりました。

新しいことをして成功した
酷いパワハラに
苦しんだこともあります。

大きな組織
安定が第一義の組織で働くのは
苦しいです。

コンテンツビジネスをする
準備をしています。

準備をしっかりと整えて
実行します。

書籍に書かれていたことは
どれもこれも納得しました。

自己投資をして学んでます。
そろそろ実行の段階です。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
※ここまで

当たり前ですが
上記のご感想は
いただいた原文そのまま。

お名前を伏せているだけです。

そして、重要なのは
このメッセージから
たくさんの悩みを
うかがい知ることができること。

もし、あなたが
稼げるようになりたい
(もっと売上を上げたい)
と考えているのであれば

このような悩みを
把握する必要があるでしょう。

もちろん、
どんな分野で
どんな商品やサービスを
売る場合も同じ。

自分のお客
(自分の情報を求めている人)
は誰で、何に悩んでいるのか?

このことを知らずに
お金を稼ぐことはできません。

例えてみれば
病名もわからないのに
薬を処方できないのと同じ。

もちろん、
最初からどんどんメッセージが
届くことはないので

最初は
仮定した自分のお客に向けて
情報を発信していけばOKです。

そうすれば、必ず
何かしらの反応が出てきて
メッセージも届くようになります。

そう考えると、
そのようなメッセージが届くまで
頑張れるかどうかが
ひとつのポイント。

そして、
メッセージが届けば

どこに住んでいる
何歳の男性or女性が

・何に悩んでいるのか?
・何を求めているのか?
・これからどうしたいのか?

など、様々なことが
わかるようになります。

そうすると、今度は

もともと自分が
想定していたお客と
実際に届いたメッセージに
乖離があったりするので

今度は、
この部分を踏まえて
発信する情報を
調整していけば良いだけ。

これだけで
お客はもちろん
自分が発信する情報も
どんどん明確になっていきます。

そして、

お客と発信する情報が
明確になるということは
売上が上がる(稼げる)
ということです。

極端な話、
ダイエットしたい人に
英語上達に関する情報を届けても
稼ぐことはできませんが

ダイエットしたい人に
月3kg痩せられるダイエット法を
届ければ売れます(稼げます)。

やることはシンプルで
求められている商品やサービスを
販売することだけ。

これをするために
感想(メッセージ)を
いただくのです。

そして、
稼いでいる人は全員
これをやっています。

なので、もしあなたが
これからしっかり
稼いでいきたい場合には

お客(見込み客)の声を
聞くことに集中してみてください。

そうすれば、
今見えていないことが
見えてくるし
アイデアも浮かんできます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は今、毎月自動で売上を上げ続けています。

自動収入(不労所得)なんていうと
胡散臭いですが

きちんとビジネスの仕組みを作って
売上を上げているので
怪しくもなければ、再現性も高いです。

私は10年間もサラリーマンをして
脱サラ後も労働集約型(時間の切り売り)の
ビジネスばかりしてきましたが

やり方を変えただけで収入の質が変わり
自由な時間も激増。

ちなみに、私と同じことは
どんな人でもできます。

正しい知識(ノウハウ)を学んで
取り組むだけだからです。

私の自動収入の知識(ノウハウ)は
すべて以下で公開しています↓↓↓

※有料情報や非売品の無料公開もアリ!

【記事のご感想やご質問はこちらから】

ブログ記事のご感想やご質問は
以下にて受け付けています。
➡︎メッセージを送る

お気軽にメッセージください。

本質・マインド(思考)
ジュンノスケをフォローする
自動収入300万円/10年間サラリーマンした凡人中年の脱サラ物語

コメント

タイトルとURLをコピーしました