【会社員必見】脱サラ(独立)で後悔せず幸せになるために不可欠なもの。

脱サラ(独立・起業)

こんにちは、ジュンノスケです。

脱サラ(独立・起業)すると
後悔する人と幸せを感じる人に
分かれます。

もう少し具体的に言うと
・後悔して再就職(転職)する人
・後悔しながらもそのまま生きる人
・幸せを感じながら生きる人
に大きく分かれます。

脱サラ(独立・起業)前の
サラリーマンであれば

・後悔するか否か
・幸せに生きられるか否か
は、お金(収入)が理由だと
考える人が多いです。

最低限のお金(収入)がないと
生きていくことはできないので
真っ先にお金(収入)に注目するのは
ある意味当然。

私も会社員時代
(特に、脱サラ直前)は
会社を辞めて、きちんと
稼いでいけるかどうかを
とても気にしていました。

では、実際はどうなのかと言うと
脱サラ(独立)で後悔せず
幸せになるためには
やっぱり最低限の収入が大前提。

具体的な金額は
人によって変わりますが
例えば月収30万円(年収360万円)。

家賃が不要など
あまりコストがかからない場合なら
月収20万円くらいでも
十分かもしれません。

いずれにしても
日々の生活に必要なお金が
きちんと得られるかどうかは
脱サラ後の「後悔」や「幸せ」に
直結します

で、今回のメインの話ここからです。

簡単に言うと、
(毎日の生活に必要なお金はある前提で)
脱サラ(独立)して後悔や幸せを決めるのは
必ずしもお金ではない、という話です。

例えば、三度の飯よりお金が好きな
金の亡者(!?)であれば
どんどんお金を稼いで
資金(資産)が増えれば増えるほど
幸福度はアップするのかもしれません。

しかし、多くの人は違います。

例えば、ある研究では
年収800万円までは
年収が上がるにしたがって
幸福度も上がる一方

それ以降は年収が増えても
あまり幸福度が変わらない
という結果があります。

もちろん、
他にも色々あって
年収800万円以外にも

600万円後半〜1000万円のどこかで
それ以上、年収が増えても
幸福度が変わらない
という結果が多いです。

つまり、これは
売上(利益・収入)が増えても
後悔を感じる人があったり
幸せを感じられない人がある
ということ。

例えば、私の知人の
年商20億円の社長(オーナー)は
毎日、薬を飲み続けています。

何の薬なのかと言うと
精神に関する薬。

具体的にはわかりません
(こちらからは聞けません)が
精神を病んで
薬を飲み続けているのです。

脱サラ(独立・起業)して
年商20億円(赤字企業ではない)
という話を聞けば

一般的には間違いなく
成功者でしょう。

ですが、脱サラ後
何かが理由で精神を病んでしまった。

他にも、
ビジネス(売上)は悪くないけれど
人に利用され、騙され続けて
常にトラブルを
抱えている人もあります。

色んなパターンがあるので
一概には言えませんが

例えば、世の中には
自分の利益のためなら
平気で他人を利用したり
騙す人もあります。

つまり、
何がポイントなのかというと
売上(利益・収入)に問題がなくても
幸せを感じられないケースが
たくさんあるということです。

そして、他にも
他人と比較すること」も
後悔や不幸のもとになっていることが
少なくありません。

・●●さんのほうが売上(収入)が大きい
・●●さんのほうが事務所が豪華
・●●さんは会社社長で自分は個人事業主
・●●さんは高級車所有で自分は車なし
など、

例を挙げればキリがありませんが
他人と自分を比較して
それによって物事や価値を判断する。

この行為は、
「不幸の始まり」に直結する
危険な行為です。

意識を高くもって
ライバルなども意識しながら
毎日、努力するのは重要だけれど

それによって疲弊して
後悔や不幸を感じることがあれば
本末転倒。

そして、結局
脱サラ(独立)した後に
後悔せず幸せになるために
何が重要なのかというと
「自分の基準(自分の軸)」です。

言い換えると「幸せの基準」

これが無いと
気持ちがフラフラフラフラして
結果的に後悔や幸福度の低下を
招くことになるのです。

ちょっと極端かもしれませんが
例えば、

「自分が望むビジネスをして
 月20万円の収入を得て 
 誰にも忖度せず自由に生きられたら
 それだけで十分幸せ」

という人もあるわけです。

一方で、

「年収1億円を稼いで
 家賃100万円のタワーマンションに住んで
 高級車を所有して
 毎月海外旅行をするから幸せ」

という人もあるわけです。

状況(中身)は全然違いますが
どちらも幸せに生きている人の一例

他にも、例えば
お客さんに満足してもらって
お客さんの笑顔が生きがいになっている
という人もあれば

お客さんの満足or不満などは関係なく
とにかく、商品がどんどん売れて
売上さえ上がれば幸せ
という人もあります。

他にも、
一緒に働く身近な仲間を
大切にしながらビジネスすることが
幸せに繋がっている人もあれば

周囲の人のことなどどうでも良く
とにかく自分の利益を追求することで
幸せを感じている人もあります。

そう考えると
「どんな人と付き合うか」
というのも一つの重要なポイント。

いずれにしても
「何がどうであれば
 自分にとって幸せなのか」
という基準を明確にして

その基準が満たされるように
選択や行動をしていかないと
後悔や幸福度低下につながります。

もしも今、あなたが
会社員(サラリーマン)なら
まずは最低限のお金(収入)のことばかりが
気になるかもしれませんが

「自分の基準(自分の軸)」を
明確にしていなければ、いずれ必ず
壁にぶち当たることになるでしょう。

「後悔」や「幸せ」は
他人が決めるものではなく
自分が決めるもの
(自分の中で感じるもの)。

自分の「幸せの基準」を持つことによって
迷いや悩みを減らすことができ
脱サラ(独立・起業)後の人生を
より充実したものにできるのは
間違いないので

ぜひ、今回の話も参考に
今後のことを考えてみてほしいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は今、毎月自動で売上を上げ続けています。

自動収入(不労所得)なんていうと
胡散臭いですが

きちんとビジネスの仕組みを作って
売上を上げているので
怪しくもなければ、再現性も高いです。

私は10年間もサラリーマンをして
脱サラ後も労働集約型(時間の切り売り)の
ビジネスばかりしてきましたが

やり方を変えただけで収入の質が変わり
自由な時間も激増。

ちなみに、私と同じことは
どんな人でもできます。

正しい知識(ノウハウ)を学んで
取り組むだけだからです。

私の自動収入の知識(ノウハウ)は
すべて以下で公開しています↓↓↓

※有料情報や非売品の無料公開もアリ!

【記事のご感想やご質問はこちらから】

ブログ記事のご感想やご質問は
以下にて受け付けています。
➡︎メッセージを送る

お気軽にメッセージください。

脱サラ(独立・起業)
ジュンノスケをフォローする
10年間サラリーマンした凡人中年が脱サラ後、自動で112万円稼いで、また新たな境地を開拓しようとする物語

コメント

タイトルとURLをコピーしました