脱サラ(独立・起業)

脱サラ(独立・起業)

【起業で失敗に直結する裏切り】あらゆる人たちに裏切られた起業家(実業家のトラウマ)

あるとき、起業家のAさんと食事をする機会がありました。当時、Aさんは脱サラして1年ほど。Aさんは非常に困り果てていました。困っている理由は、自分が売ろうとしていた商品がまったく売れていなかったからです。サラリーマン時代から起業に向けて準備を進め・・・
脱サラ(独立・起業)

【副業・脱サラ・起業は孤独との戦い】孤独感で寂しい・辛いと感じる人は失敗する

今回の内容はまったく人気がない話なので、あまり語られることがないですが、キーワードは「孤独」。「孤独との戦い」に 勝つことができなければ、副業でも脱サラ(独立・起業)でも稼ぐことができません。目的なく外出したり人と会うことなくビジネスに集中していた人たちが稼いでいます。
脱サラ(独立・起業)

【核心】起業にサラリーマン経験(社会人経験)は必要か?!

学生時代に起業して、その後ずっと起業家として活躍している人もあります。ただし、多くの人にはサラリーマン経験(社会人経験)があったほうが良いです。なぜかと言うと、そのほうが「無駄な失敗」を防ぐことができるから。「無駄な失敗」とは何かと言うと「しなくていい失敗」のこと。
脱サラ(独立・起業)

【回答】脱サラする場合、貯金はいくらあれば良いのか?

私はこれまでの人生で借金(借入)をしたことがありません。もちろん、その理由は借金する必要がなかったからですが、それは多額の貯金があったからではなく、ビジネスに必要な経費(コスト)がほとんど無かったからです。「生活費+極めて少額の経費」で生活とビジネスの両方を回してくることができました。
脱サラ(独立・起業)

【甘く見るな!】営業職は脱サラで成功しやすい職種と言われるが・・・

どこの会社でどんな仕事(職種)を経験していても、脱サラ(独立・起業)して何も学ばずに成功する人はありません。サラリーマン(会社員)として必要な力と事業主(起業家)して必要な力は違うので、ここをわかっておくことは大前提。もちろん、重なる部分もありますが異なる部分も多いので、新しく学ぶことは絶対必要です。
脱サラ(独立・起業)

【会社員必見】脱サラ(独立)で後悔せず幸せになるために不可欠なもの。

例えば「自分が望むビジネスをして月20万円の収入を得て、誰にも忖度せず自由に生きられたらそれだけで十分幸せ」という人もあるわけです。一方で「年収1億円を稼いで家賃100万円のタワーマンションに住んで、高級車を所有して毎月海外旅行をするから幸せ」という人もあるわけです。
事業再生・人生好転

【私は期待ゼロ?】仕事で評価されないことが悔しい人の唯一の打開策!

こんにちは、ジュンノスケです。 毎日、頑張っているのに 評価されていない人は多いです。 私は10年間、サラリーマンをして 大きな組織の中で 数千人くらいの人たちと直接接したり 500社の取引先を担当して 他社の人たちも多く見て...
事業再生・人生好転

転職を繰り返すのは自由。でも人生の悲惨な末路を迎えるかもしれない。

要は戦略次第。転職を繰り返すことが必ずしもダメではないので、あとは、それをどう活かすかです。少なくとも言えるのは、 単純に転職を繰り返すだけでは右肩下がりの人生になる可能性が高いので、これは要注意だということ。
集客

40代で脱サラ(起業)して昔の部下にまで嫌われてしまった起業失敗談

もともと、もう少し売上を増やさなければ会社員時代の収入には届かない、という中での突然の売上急減。一気に、状況が悪化してしまいました。そして、ここからKさんの迷走が加速していくことになります。その最たる例が、元部下が経営するバーへの「出入り禁止」でした。
本質・マインド(思考)

脱サラして1年目は上手くいかない話(失敗回避のための注意点)

現実の話として、世の中に「永遠に依頼が続く仕事」というのはないので、脱サラして仕事をすれば、誰しもが必ず売上減少(収入減少)を経験することになります。そして、最悪は売上ゼロ(収入ゼロ)を経験し「このままではいけない!」と思うようになるのです。
本質・マインド(思考)

代理店ビジネスのリスクを知らずに起業で成功できなかったYさんの話

これは自分の収入(儲け)が他人(他者・他社)の判断に左右されてしまうということ。最悪は収入ゼロという「失業状態」になる可能性もあるということです。リスクを知らずに脱サラ(独立・起業)してしまうと成功できない可能性が一気に上がってしまうので、学ぶべきことを学ぶ(知るべきことを知る)というのは極めて重要であり必須です。
脱サラ(独立・起業)

【40歳】転職を考えるなら脱サラしたほうが良い理由

その話を聞けば聞くほど、40歳くらい(中年)の転職には慎重に慎重を重ねる必要があると思わずにはいられません。一例を挙げれば、大学を卒業して40歳までは同じ会社(1社)に勤めて、その後、転職したと思ったら新しい環境に馴染むことができず、半年毎に3社も4社も転職を繰り返してしまったケースもあるわけです。
脱サラ(独立・起業)

会社で出世できない人は諦めるのも選択肢。外に活路アリ!

仮に、会社(組織)で出世から外れることがあったとしても、それで人生が終わるわけではありません。生きている限り、チャンスはあります。「サラリーマン(会社員)としての出世」という狭い意味での出世ではなく「人生の出世」という視点で考えてみると、また違ったものが見えてくるのではないでしょうか。
脱サラ(独立・起業)

会社で出世したくない人はさっさと退職したほうが良い理由

例えば、40歳の部長(Aさん)とその部長と同期の平社員(Bさん)がいた場合、Aさんはリストラする側でBさんはリストラされる側でした。リストラが行われる場合、個別に面談を実施されることになりますが、人によっては、何度も何度も繰り返し面談が行われていました。
脱サラ(独立・起業)

【人間関係】脱サラ(起業)すると友達が減るのか?!

本人は、長い付き合いの相手なので昔と同じように関係を維持して付き合っていきたいと思っているのですが、ねたみ、やっかみが露骨で、ときには意地悪をされることまであるという話です。やっている事業のことを聞かれて「それなりに順調」という話をするとガッカリされる、というから驚き。
脱サラ(独立・起業)

【奈落の底】脱サラ(起業)の失敗例あるある※後悔・反省・思い込み

世の中に脱サラの失敗談はいろいろありますが、きちんと学べば失敗確率を大幅に下げて悲惨な末路を辿らずに済みます。逆に言えば、失敗する人は正しい知識(情報)を学んでいない人です。そんな人が独立開業で失敗して再就職することになったり、家庭崩壊のきっかけになって離婚に至ってしまったり・・・
本質・マインド(思考)

【警鐘】手持ち1000万円の31歳独身サラリーマンは脱サラで失敗しやすい

本人曰く「思い通りに進んだことは何一つとしてなかった」ということ。当然、利益は出ず、毎月赤字が続きサラリーマンを辞めた当初にあった手持ち資金1000万円はあっという間に400万円まで減ってしまいました。焦ったKさんは、このタイミングでカフェ事業を辞めることを決断します。
本質・マインド(思考)

サラリーマンとしての生き方に幸せを感じていなければ続ける必要はない

私は、脱サラ(独立・企業)をして今7年目ですが、サラリーマン(会社員)としての生き方を辞めて本当によかったと思っています。 今後、サラリーマンとして生きることはありません。 こんな言い方をすると、サラリーマン時代にとんでもない出来事があったのかと思われるかもしれませんが、
本質・マインド(思考)

【ほぼ意味なし】起業(独立)にアイデアなんて価値がない理由

今から思えば、起業アイデアを考えることは不要だったと思います。 なぜかと言うと、アイデアは所詮アイデアでしかないからです。 「アイデアを温める」という言葉がありますが、ビジネスにおいてこれはほぼ意味がありません。
本質・マインド(思考)

【リアル話】脱サラするために貯金はいくら必要か?

今回は、私の経験を元に脱サラに必要な貯金額について書きたいと思いますが、まず必要なのは、半年分の生活費です。これは最低限必要。つまり、仮に脱サラして1円も稼げない期間が続いたとしても半年間は生活できる状態にしておく必要があります。
タイトルとURLをコピーしました